ペット探索ナビトップ動物病院とペットの葬儀 > ペットの火葬

ペットの火葬

ペットの火葬の画像

ペット葬儀社やペット霊園等のサービスについては、位牌の作成、僧侶による供養、慰霊祭の開催など多岐に渡るのです。柩を火葬場まで係員が運んでくれるのです。火葬の前に、僧侶の読経が行われるのです。その後、火葬になっているのです。ペットの火葬の種類は、合同火葬・一任個別火葬・立会個別火葬・訪問火葬車による訪問火葬などがあるのです。火葬の時間は、大型犬で一時間半程度かかるのです。一任個別火葬は、ペットは個別で火葬されるようですが、火葬の際は立会うことはできないのです。葬儀業者が代わりに骨壷に遺骨をお納めして、ご家族様にご返骨するか、納骨堂にお納めるのです。拾骨立ち会うことができない場合が多いのです。

時間を拘束されない分、立会火葬より安価に設定されているようですが、業者により異なるのです。サービスもペットの火葬だけを行っているところから、ペット葬儀から納骨まで行なっているところなど様々となっているのです。火葬が終わると、骨壷の中に遺骨を詰めて、読経所に行き、再び読経、焼香をして火葬は終了なのです。ペットの火葬炉自体は、法律で定められている事が多いため、どの霊園もあまり差はないと思います。ただし、ペット霊園の火葬施設の良し悪しなどによって、料金が大きく違うのです。

また、火葬料金とは別に、骨壷代や、立会費など料金設定されている事もあるのです。ご家族様にとって、どのような所でご火葬されるのがいちばんいいのか、よくご検討するようにしましょう。必要な設備についても自社にて全て揃えているところもあれば、外部に委託しているところもあるのです。よって利用する際には、どんなサービスを行なっているのか、その設備は自社で所有しているものなのかなど確認する必要があるのです。

骨壷は、いったん自宅に持ち帰り、四十九日に納骨するか、そのまま納骨堂に預ける場合もあるのです。サービスの内容は業者により様々なのです。火葬炉の構造により煙や匂いが発生してしまうことがあるようです。また火葬炉の大きさによりトラックタイプから軽自動車タイプまで車両は様々なのです。料金も比較的同じ幅で収まっているのです。工学請求する悪徳業者などの報告もあるようですので、ご依頼の際は慎重に選ぶ必要があり、総額などを確かめて依頼することをお勧めいた出来るのです。



ペット探索ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬のゲージ

金属製で、四方が囲まれているカゴ状のものが一般的となっています。天井部分があるため、犬が外に飛び出すことも、中で暴れて壊れることもないのです。移動用として利用することもできるのです。ケージは子犬ではなく成犬になったときの大きさを基準にて、犬が中でUターンできる広さが理想的なのです。欧米では犬に対する考え方が日本と違うので、犬の成長に合わせて取り替えるようです。 室内での犬小屋的な役割なのです。愛犬の居場所として最適。使わないときは、折りたたんでコンパクトになり、収納したり、車

ペット探索ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。



ペット探索コラム一覧

ペット探索人気記事



ペット探索ナビとは

ペット探索ナビ、管理人のmikiです。

ペット探索ナビ管理人

あなたのペットライフに当サイトがお役に立てるととてもうれしいです。

ぜひあなたの目的にかなったペットの施設をを見つけてくださいね!