ペット探索ナビトップペット用品と保険 > ペットの保険

ペットの保険

ペットの保険の画像

ペット保険とは、ペットが動物病院などで医療サービスを受けたときに人間の健康保険や医療救済のように、飼い主の支払う費用が一部割引されたり、または後日一部費用が戻ってくることによっていくらか飼い主の負担を軽くするサービスとなっているのです。ペットを飼う人たちが増えている今、大切な家族の一員であるペットが病気や怪我をした時の医療費がかさむことは飼い主の負担の一つと言えるのです。ほとんどの保険会社が全国の動物病院で使用することができるのです。

給付金の受け取りには、領収書や診断書などの必要書類を保険会社へ郵送し、指定口座に振り込まれるのが一般的となっているのです。主なペット保険の保障内容は、手術、入院、通院の3つになっているのです。具体的なペット保険の活用ケースとして、例えばケガや病気で動物病院へ行った場合にかかる診療、入院、手術費用、保障範囲によっては予防接種や不妊、去勢手術に対して保障を受けることができるのです。現在のペット保険は、犬と猫が中心で、加入対象外の動物が多いので注意するようにしましょう。人間と同じようにガンに対する保障もあるのです。

また、残念ながら亡くなってしまった場合にもお見舞金としてペット保険にはあるのです。また、他人への賠償補償についてもペット保険にはあるのです。また、現時点でのペット保険は人間の保険のように契約者を保護する制度がなく、事業者の倒産によって補償がなくなることもあることを知っておくようにしましょう。そのほか、ペットが癌と診断された場合、給付金が支給されたり、死亡時にお見舞金が出るといった生命保険としての役割を持った商品もあるのです。ペットには人間のような健康保険がなく、すべてが自由診療なので飼い主の負担も大きくなり、病気が重いと大きな出費を余儀なくされることになるのです。

この負担に対する対策として、最近ではペット保険が販売されるようになっているのです。犬と猫については、生後4ヶ月から加入できる保険会社がほとんどだと思うのです。しかし予防接種が加入の条件になっているところが多いのです。また、大型犬、特大犬の場合には8~10歳未満であることも加入の条件となっているところが多数あるようです。



ペット探索ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ペットとホテル

ペットホテルは、旅行や出張といった理由で家を空け、ペットの面倒を見てくれる人が誰もいない時、ペットを預けておけるホテルなのです。ペットホテルというと、四角い籠にたくさんのケージが積んであるだけ、といったイメージがあるかもしれないのですが、今はだいぶ違うのです。同じ客室での宿泊の場合は、大型犬などの大型ペットは無理というところが多く、また法律に基づいた伝染病の複合ワクチンの予防接種を受けていることも条件になっているのです。 近頃のペットホテルは、仕様、設備、サービスも多彩に変化

ペット探索ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。



ペット探索コラム一覧

ペット探索人気記事



ペット探索ナビとは

ペット探索ナビ、管理人のmikiです。

ペット探索ナビ管理人

あなたのペットライフに当サイトがお役に立てるととてもうれしいです。

ぜひあなたの目的にかなったペットの施設をを見つけてくださいね!