ペット探索ナビトップペット用品と保険 > 犬のしつけ

犬のしつけ

犬のしつけの画像

しつけで一番大切なのは、あなたのやる気と根気なのです。ワンコがなかなか覚えてくれないのです。実際には、犬と飼い主の主従関係が逆転してしまうと、犬は群れを守ろうと必死になるようですからストレスもかかり精神的な負担も大きくなるのです。こんな時は、あきらめてしまいそうになるのです。でも、大丈夫あきらめらいあなたの気持ちは必ずワンコに届くのです。分の家の環境になれさせ、子犬の間に人間社会に慣れさせるために外に出して、飼い主以外の人間に接触して慣れさせたり、車などの騒音に慣れさせるのです。

躾をする場合、終わってからでは遅いという事を覚えておくようにしましょう。例えば、トイレの場合であれば直後であり、物を咬む場合であれば咬むしぐさをした時点で叱らなければいけないのです。犬のしつけはトイレのしつけなど犬を迎えてすぐから始めなければいけないのですが、例えば生後4ヵ月経った犬をしつけようとしても、人間の4歳児に教えても理解できることかどうかを考えるようにしてください。常に行動を観察してあげることが最も重要なポイントです。ワンコはもともと群れで生活していたのです。だから、とても寂しがり屋なのです。

犬のしつけは、犬のメンタル的な負担も考慮したうえで、しつけの内容を犬の年齢によって変えていかなければいけないのです。あなたは、かわいくてしかたがないのです。でも、顔色を伺うような育て方はダメなのです。ワンコはあなたを親と認めれば自然と甘えてくるのです。大きな愛情で包み込むように接してあげるようにしましょう。犬に何かを伝えたい時には言葉や表情ももちろん、ジェスチャーもオーバーというくらいに行った方が、犬にも飼い主のいいたいことが理解しやすくなるのです。

また、ほめると同時に犬とのスキンシップも忘れずにするようにしてください。家族や社会の一員として、共に暮らしていくために必要な善悪・最低限のルールを教えることなのです。そんな、社会のルールを教え、上手に人間の社会の中で暮らしていけるように導く事が犬をしつけることとなっているのです

犬のしつけ方

ペット探索ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ペットサロン

快適な空間を提供するのペットサロンですが、選び方を間違ってしまうとペットにも飼い主にも悪影響があるのです。経験の浅いトリマーや稚拙な技術しか持たないトリマーばかりのペットサロンでは、ドライヤーでペットに火傷を負わせてしまったり、トリミング中にハサミでペットを傷つけてしまったりといったトラブルが発生することがあるようです。ペットサロン」とは、人間が通うサロンのようにペットたちの全身トータルケアをしてくれる場所なのです。 毛のカット、シャンプー、爪切り、耳そうじなどといったケアを

ペット探索ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。



ペットシャンプー

ペット探索コラム一覧

ペット探索人気記事


遠藤和博の犬のしつけ

ペット探索ナビとは

ペット探索ナビ、管理人のmikiです。

ペット探索ナビ管理人

あなたのペットライフに当サイトがお役に立てるととてもうれしいです。

ぜひあなたの目的にかなったペットの施設をを見つけてくださいね!



当サイトおすすめ本

犬の気持ちがわかればしつけはカンタン! (実用BEST BOOKS)

お役立ち情報

  • お役立ち情報集1
  • お役立ち情報集2
  • お役立ち情報集3
  • お役立ち情報集4
  • お役立ち情報集5
  • お役立ち情報集6