ペット探索ナビトップペット用品と保険 > 犬のゲージ

犬のゲージ

犬のゲージの画像

金属製で、四方が囲まれているカゴ状のものが一般的となっています。天井部分があるため、犬が外に飛び出すことも、中で暴れて壊れることもないのです。移動用として利用することもできるのです。ケージは子犬ではなく成犬になったときの大きさを基準にて、犬が中でUターンできる広さが理想的なのです。欧米では犬に対する考え方が日本と違うので、犬の成長に合わせて取り替えるようです。 室内での犬小屋的な役割なのです。愛犬の居場所として最適。使わないときは、折りたたんでコンパクトになり、収納したり、車に積むことも可能なのです。

中から外が丸見えになるので、カバーをかけると愛犬がより安心できるスペースに。犬もこのような環境にいると安心するようですから、ケージも金網ではなくプラスチックなどで覆われているものにしてください。ただ周囲が見えないと落ち着かない犬もいるようですから、その場合は金属もしくは木製の柵がいいと思います。 サイズは、生活スペースとして利用するのであれば、トイレトレーなどが入る大きさのものを、もしくは移動用として使うのであれば、クレートと同じように選びましょう。

ケージはオリではなく寝グラであることは、変わりはないのです。イタズラをした時にオシオキとして閉じ込めると、ケージは嫌なものだと思ってしまうので注意するようにしましょう。 体の大きな猫がゲージに数匹入っているのを見かけたこともありませんか?ゲージは外や家の中とは違い、限られたスペースしかないので狭く窮屈なのです。その中に猫や犬は入っているわけですから、当然何匹も一緒に一つのゲージの中に入れられて狭いわけがないのです。犬の性格だけではなく、飼い主さんの性格や家族構成なども合わせて考えるようにしましょう。例えば元気で体力に自信がある方は大型犬を飼って思い切り一緒に遊ぶのも良いと思います。

ケージとトイレ、それにちょっとした遊び場所があるタイプなのです。ケージとトイレを離すことで、子犬の時期に自分の排泄物で汚れることがないので安心できるようですが、柴犬など中形犬では設置面積を広く取ることになるのです。私は体力にはちょっと自信がないという方は逆にチワワやトイ・プードルなどの小型犬のほうが良いかもしれないと思います。

犬のしつけ方

ペット探索ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 動物病院

犬を飼っていれば、愛情もわき自分の子供のように可愛がっている人が多いと思うのです。 動物病院の条件のひとつは当然、医療技術が確かであることなのです。しかし、最初から獣医師の腕を判断することは、飼い主にとって非常に難しいと思われているのです。当然、犬も人間と同じように、病気や怪我をすることがあるのです。 もちろん動物病院に連れて行かなくてはならないのですが、動物病院ならどこでもよいというわけにはいかないようです。飼い主に対して、わかりやすく、心のこもった説明ができるかどうかが大

ペット探索ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。



ペットシャンプー

ペット探索コラム一覧

ペット探索人気記事


遠藤和博の犬のしつけ

ペット探索ナビとは

ペット探索ナビ、管理人のmikiです。

ペット探索ナビ管理人

あなたのペットライフに当サイトがお役に立てるととてもうれしいです。

ぜひあなたの目的にかなったペットの施設をを見つけてくださいね!



当サイトおすすめ本

犬の気持ちがわかればしつけはカンタン! (実用BEST BOOKS)

お役立ち情報

  • お役立ち情報集1
  • お役立ち情報集2
  • お役立ち情報集3
  • お役立ち情報集4
  • お役立ち情報集5
  • お役立ち情報集6