ペット探索ナビトップペットの施設 > ペットの病気

ペットの病気

ペットの病気の画像

犬の体温は午前中は低く、午後の方が高くなるのです。また、散歩による運動後は体温が上昇するのです。そのため、愛犬の状態が同じ時に体温を測るようにしましょう。気管の一部が狭くなって起こる気管虚脱の状態が、原因としてはもっとも多いものなのです。犬の外耳炎は、真菌や細菌、寄生虫などさまざまな原因で発症するのです。外耳道に炎症をおこして、かゆみ、耳垢がたまる、といった症状がみられるのです。ミニチュアダックスや、ゴールデン・レトリーバーなどの垂れ耳の犬種によくみられる病気なのです。

犬や猫、年齢問わず発症しているのです。特に老犬や老猫になると癌・腎不全や心臓の病気も発症しやすいなど心配事は沢山あるのです。その他、腫瘍ができて気管の一部が詰まり、呼吸困難を起こすこともあるのです。犬の耳血腫は、耳に分泌液や血液がたまることで耳が膨らむ病気なのです。外耳炎やアトピー性皮膚炎などによる耳のかゆみで、耳を強く引っ掻いたときや、耳の打撲、ほかの犬に耳を咬まれることなどが原因となるのです。若い小型犬では、気管未形成と言って、生まれつき気管が小さく、そのため呼吸困難になることもあるのです。

犬や猫の癌・腫瘍・アレルギー等の病気は上記の様な理由から免疫力が低下し発症するのです。免疫を強化し細胞を活性する事は癌・腫瘍アレルギー等の病気に適していると言われているのです。普段の体温より1度高い、または1度低い場合は、どこか調子がおかしいと考えられているのです。特に40℃を超えたら赤信号ですので、すぐに動物病院で診てもらう必要があるのです。首輪の刺激によって、咳の出方がひどい場合は、首輪をやめて胴輪にするとよいと思います。犬の耳ダニ感染症は、ミミヒゼンダニが耳に寄生することで発症する病気なのです。耳ダニは犬の耳の中で繁殖し、激しいかゆみを引き起こしてしまうのです。

急増する犬や猫の癌・腫瘍・アレルギー・皮膚病等の病気が軽減されることは、環境問題から改善することや、無添加、無農薬の食事を摂取するなど、非常に困難で、長い月日と金銭を費やすのです。胴輪は中型犬、大型犬では危険ですので、十分にその使用を考える必要があるのです。胴輪は首輪に比べて、犬を制御するのが難しいからなのです。

犬のしつけ方

ペット探索ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ペットと旅行

旅行の前後は、とくに体調への注意が必要です。旅行中に普段と違う生活をすることで、不調だった部分が病気となって発症してしまったり、また、旅行先で不調のもとを作ってしまうこともあるのです。ペットと旅行に行く場合、もし車での移動なら、このペットベットをつんで滞在ホテルで使えば、ペットも慣れた環境を作ってあげるだけで安心してくれると思います。このペットベットはかわいいだけでなく、ペットに安心も与えてくれる優れものです。オシッコやウンチをしたい時には落ち着きませんし、ドライブを快適なも

ペット探索ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。



ペットシャンプー

ペット探索コラム一覧

ペット探索人気記事


遠藤和博の犬のしつけ

ペット探索ナビとは

ペット探索ナビ、管理人のmikiです。

ペット探索ナビ管理人

あなたのペットライフに当サイトがお役に立てるととてもうれしいです。

ぜひあなたの目的にかなったペットの施設をを見つけてくださいね!



当サイトおすすめ本

犬の気持ちがわかればしつけはカンタン! (実用BEST BOOKS)

お役立ち情報

  • お役立ち情報集1
  • お役立ち情報集2
  • お役立ち情報集3
  • お役立ち情報集4
  • お役立ち情報集5
  • お役立ち情報集6