ペット探索ナビトップペットの施設 > ペットシッター

ペットシッター

ペットシッターの画像

簡単に言えば、ベビーシッターのペット版なのです。飼い主が旅行やケガ、病気などでペットの世話ができない時に、代わりに大切なペットのケアをする専門家のことなのです。近年ではペットシッターさんの数も増えてきているようですが、地域密着型であるために急に必要になったときなど見つからないこともあるようですので、いざと言うときのためにも普段からお願いできるペットシッターさんを見つけておくと安心だと思うのです。通常、こういった場合にはペットホテルを利用する方法もあるようですが、ペットは思っている以上にデリケートな生き物なのです。

他のペット達とのそばで落ちつかない、食餌が変わる、飼い主がいないことへの不安、そして何より自分の縄張りである家から離れる等、環境が変わることへのストレスは、はかり知れないものがあるのです。ペットシッターさんををお願いする利点は、ペットたちが暮らしなれた自分の家でお留守番ができることなのです。えさを食べる食器からおもちゃにいたるまでいつも自分が使っている物が身の回りにあることによって、飼い主さんが不在と言う不安が少しはまぎれてくれるのではないかと思います。

このようなことからも、いつも通りの住み慣れた環境で、留守中ペットをお留守番させてあげるのが何よりではないでしょうか?ペットシッターの利用者は年々増え続けているのです。シッターは24時間体制でお預かりしているのではなく、あくまで限られた時間内でお世話させていただくということなのです。ペットたちの不安を少しでも減らせたらとここ数年ペットシッターさんの数もペットシッターを利用する飼い主さんも増えてきているのです。

また、訓練や経験をつんだプロのペットシッターさんにお願いするので、飼い主にとってもすごく心強いのです。もちろん、出来る限り神経を集中してトラブルがないように心がけているのですが、飼い主さんも家の中にかじられたり、食べられたりして困るようなものは片づけておく等、細心の注意はしておくようにしましょう。犬の場合は散歩の代行のみのコースや、しつけの代行なんていうコースもあるようです。

犬のしつけ方

ペット探索ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 犬のゲージ

金属製で、四方が囲まれているカゴ状のものが一般的となっています。天井部分があるため、犬が外に飛び出すことも、中で暴れて壊れることもないのです。移動用として利用することもできるのです。ケージは子犬ではなく成犬になったときの大きさを基準にて、犬が中でUターンできる広さが理想的なのです。欧米では犬に対する考え方が日本と違うので、犬の成長に合わせて取り替えるようです。 室内での犬小屋的な役割なのです。愛犬の居場所として最適。使わないときは、折りたたんでコンパクトになり、収納したり、車

ペット探索ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。



ペットシャンプー

ペット探索コラム一覧

ペット探索人気記事


遠藤和博の犬のしつけ

ペット探索ナビとは

ペット探索ナビ、管理人のmikiです。

ペット探索ナビ管理人

あなたのペットライフに当サイトがお役に立てるととてもうれしいです。

ぜひあなたの目的にかなったペットの施設をを見つけてくださいね!



当サイトおすすめ本

犬の気持ちがわかればしつけはカンタン! (実用BEST BOOKS)

お役立ち情報

  • お役立ち情報集1
  • お役立ち情報集2
  • お役立ち情報集3
  • お役立ち情報集4
  • お役立ち情報集5
  • お役立ち情報集6