ペット探索ナビトップペットの施設 > ペットのトリミング

ペットのトリミング

ペットのトリミングの画像

見学出来れば、様子がわかるようですので、聞かなくても良いと思うのですが、見えない所でのトリミングは飼い主さんも不安なのです。トリミング中はこんな感じでしたよ。長毛の猫はセルフグルーミングだけでは清潔な体やで美しい被毛は保てないのです。短毛種の場合シャンプーなどは必ずしも必要不可欠ではないようですが、長毛種はシャンプーなどグルーミングは欠かせないのです。また、夏場などには暑さ対策のためにトリミングを行うケースもあるのです。と一言でも、言葉を添えてもらえるような所が良いと思います。

心配なら、どうでしたか?と聞くのもいいと思うのです。もちろん見えてなくてもきちんとトリミングしてもらってると思うのです。長毛の場合は、シャンプーやグルーミングは欠かせないのです。どうしても汚れが付きますしちょっとブラッシングを怠るとすぐに毛玉が出来てしまうのです。汚れが付着した状態は、皮膚炎などの炎症を起こす要因にもなりかねないのです。犬体各部のバランスをとるため、プラッキング、クリッピングまたはカッティングなどの技法で被毛を整える技術をトリミングというのです。

トリミングやグルーミングは2~3日の研修で習得できるものではないようです。犬体を常に清潔にして日常の健康を保ち、犬種それぞれの理想の姿・形に近づける為に余分なコートを取り除き、その犬の美しさを最大限に表現させる事を目的にしているのです。学校へ行っても、見習でトリマーになってもブラッシング、バスイング、ドライングは基本中の基本となっているのです。主にノミやダニ、細菌などの感染を受けやすくトリミング不足の犬は皮膚に虫や病原体の温床になりやすいため皮膚病が起こりやすくなるのです。また、耳や爪、肛門腺などのお手入れ不足も同様に病気の原因となるようですので日ごろのケアが必要なのです。

見習い時は逐一、先輩に指導され、勉強していく訳ですこれを完璧に出来なくて、トリミングはありえないのです。毛が伸びるのが早い遅い、毎日お散歩に行けば、アスファルトやコンクリートで爪や足裏の毛がすれて、あまり伸びなくなりもするのです。肛門腺も一週間でたまってしまう犬もいますし、ほとんどたまっていない犬もいるのです。とけばいい、洗えばいい、乾かせばいい、なんて簡単なものではないようです。グルーミング、トリミングはもっと奥が深いようです。



ペット探索ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ペット美容室

ペット美容室に定期的に連れて行って、カットやシャンプー、お手入れをしてもらうことは大切なのです。お店選びのポイントですが、プロですので、どんなカットも出来るようですが、犬種によっては、短くすると毛質が変わってしまったり、生えなくなったりする場合もあるのです。大事な家族を預けるわけですから、どこでもいいというわけにはいかないのです。パッと見ではきれいにカットされているように見えても、コームで毛を立ててみると、毛の根元が残っていたり、デコボコになっていたりすることがあるのです。

ペット探索ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。



ペット探索コラム一覧

ペット探索人気記事



ペット探索ナビとは

ペット探索ナビ、管理人のmikiです。

ペット探索ナビ管理人

あなたのペットライフに当サイトがお役に立てるととてもうれしいです。

ぜひあなたの目的にかなったペットの施設をを見つけてくださいね!