ペット探索ナビトップペットと宿泊 > ペットとホテル

ペットとホテル

ペットとホテルの画像

ペットホテルは、旅行や出張といった理由で家を空け、ペットの面倒を見てくれる人が誰もいない時、ペットを預けておけるホテルなのです。ペットホテルというと、四角い籠にたくさんのケージが積んであるだけ、といったイメージがあるかもしれないのですが、今はだいぶ違うのです。同じ客室での宿泊の場合は、大型犬などの大型ペットは無理というところが多く、また法律に基づいた伝染病の複合ワクチンの予防接種を受けていることも条件になっているのです。

近頃のペットホテルは、仕様、設備、サービスも多彩に変化しているので、スタッフや店舗の質も向上したために、ペットホテルのイメージはどんどん良くなっているようです。注意点としては、客室以外のホテル施設内及び庭園内では、必ずカゴやキャリーバッグの中に入れるのです。客室以外のホテル施設内では、食べ物や飲み物を与えない。客室内にて滞在中は、ペットサークルを使用するのです。近所に散歩に出かけた際は、きれいに足を拭く。鳴き声が他の客の迷惑にならないようにするなどとなっているのです。ペットホテルの利用料金は、当然ですが、ペットの大きさによって異なり、大きなペットになるほど高くなる傾向があるのです。

また、ペットホテルによっては大型のペットは預かってくれない施設もあるようですので、事前に良く調べるようにしましょう。現在、ペットホテルの需要は急激に伸びていると言われているのです。その理由は、ペットの飼育世帯が増加する一方、レジャーの多様化、大型化によって家を離れる機会も多くなったからなのです。旅行や出張などで、家を空けなければならない時は、大変役に立つ施設なのです。

ペットホテルの料金の相場は、だいたい小型犬で3.150円~、中型犬で4.200円~、大型犬で5.250円~、超大型犬で6.300円~、ネコで3.150円~、小動物で1.050円~となっているのです。また、ホテルによっては、宿泊サービスの場合、長期になると料金割引サービスがついているケースがあるのです。ですから、ペットを預かってくれる人もいなくて困った時には、ペットホテルがあることを思い出してみるようにしましょう。ペットと泊まれるホテルやペンションを探すには、インターネットで検索するなら、リクルートのじゃらんnetがおすすめです。



ペット探索ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 獣医師

全国で獣医業に従事しているのは2万6千人なのです。獣医師というと町の動物のお医者さんを思い浮かべるのですが、そういった人たちは全体の半分弱なのです。近いところでは動物園や水族館にも獣医師はいるのです。詳しく知らなくても、何も無ければ全く構わないことですが、世の中、知っていて損はないとは良く言ったものなのです。一般家庭でペットとして飼われている犬や猫をはじめ、鶏、牛、馬、豚、山羊、綿羊などの家畜が病気になったときに診療、治療をするのが業務なのです。 我が子に対する飼い主の責任と

ペット探索ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。



ペット探索コラム一覧

ペット探索人気記事



ペット探索ナビとは

ペット探索ナビ、管理人のmikiです。

ペット探索ナビ管理人

あなたのペットライフに当サイトがお役に立てるととてもうれしいです。

ぜひあなたの目的にかなったペットの施設をを見つけてくださいね!